FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

デ・ローザ・Cレコ仕様!雨ノチO/Hその参・雨ニモマケズ・錆ニモ…

今年は大雨に見舞われた、ツールド・沖縄より無事帰還の
イカリ肩、デ・ローザの雨ノチ・O/Hです。
レイン・コンデションの中、189kmの過酷なレース・イベントを
終えてホテルに戻り、早々にタオルで水分を拭き取りドライヤーで…
パッキングの前に表面の水分を拭き取っても、パイプ内を素早く乾燥
させて、各所のグリス交換を行って錆を防ぎたい処です。

カーボンフレームやアルミパーツとは言え、ピボット位置やステム
等の可動部分やボルトはスティールですから必ずサビが来ます
特にブレーキシャフト部分は安全面からもサビ対策は必須!
海辺でもあり細かな砂や塩も厄介者、ですから、今回は大雨走行
後のガチンコ・オーバーホールを皆様に、ご覧いただきましょう。
Suz Derosa_16
オーナー日々の手入れの良さには何時も頭が下がります…
ギア、ホイール、チェーン等々どこを眺めても☆ピカピカ☆
今回は、RホイールのガタつきとRDの動きやブレーキも渋い。
雨の影響は甚大です、むろん出発前の調整にも時間をかけて
いましたのでその差は歴然、RD本体もバラバラ~所謂、分解
洗浄、ん?
二本あるうちのプーリーシャフトの一本はオリジナルである
けれど年式が違う事、交換は?オーナーに一度相談して…

ん?RD・ハイ・ローのスプリングもボルトの長さも違う。
見なかった事には出来ないので相談後オリジナルに交換!
Suz Derosa_02
雨天の走行一発で、この状態もうビチョビチョ…
Suz Derosa_05
前回同様、コルクを抜いてダメージをチェック!判りますかぁ?
でもコルクがブレーキのシャフトを守ってくれているのでサビは
在りません!でもグリス・アップ…
しかし、上部からの水の浸入はカナリの量(黒く見える部分)
ですからココも洗浄・乾燥。
Suz Derosa_06
☆ここでカンパニョーロ・グリスをたっぷりめにっ!
特に下ワンには、しっつかりと盛りますよっ重要な
ところだけにね~☆
Suz Derosa_21
次いて、チェーンを外しRDをバラします、プーリーもこの通り
それを指で揉むとジャリジャリと、や~な感じがします。
細かな粒子の砂?鉄粉?な感触、ココまで侵入してきたかっ!
今まで溜っていた埃やチリを水分が固めてしまいます。
これを端折るとテンションやガイドプーリーのガタにも繋がるんで

念入りに・念入りに…

またまた洗浄・乾燥・グリスアップ…
次にBBを抜き取ると…
おぉ~勢いよく、水が~ポタポタと床に落ちて…
Suz Derosa_12
ご覧の様に、水は思った以上に入りますから
当店では、雨走行の後はO/Hをお勧めしているのです。
(めったに雨乗りは、しませんが…)
近々雨ノチ・知らんぷり?他のデ・ローザも公開(後悔)予定。
Suz Derosa_14
なので、洗浄・乾燥・グリスアップ…
☆因みにドライヤーやヒートガンは気おつけないと当時の
デカールはもろいのでパリパリと、はがれてしまう危険も
あるので気をつけてくださいね。
ウォーターシーフも重要、でもグリスを付けると滑るし強く
握ると割れます、ですから慎重に優しく…
既に乾燥済みのフレームにパーツを組み付けて最後にもう
一度、調整をします。
当店の乾燥作業とケミカルは…?
Suz Derosa_15
乾燥したコルクを装着、気持ちい~い!
とバイクも喜びますハイ!
Suz Derosa_03
ブレーキ前後も全バラに、スプリングの内側は早くも真っ赤でした
ワッシャー等も細かく確認、レバーの引きシロや、タッチが変わっ
ては乗り辛くなりますから。
Suz Derosa_18
☆最後にブレーキシュウの合わせをチェック、しかも指先でギュッと
はさんで此処まで締らないブレーキが殆ど、中には両手でも閉じない
(当店の車両は、全て引きがとても柔らかですよ)
ブレーキが殆んど…

「古いから」はパーツにとって、一番悲しい言葉。
その前に『効かない・止まらない』ブレーキが可哀想かもね…

雨ニモマケズ・錆ニモマケズ…

他にホイール回り、Rハブシャフトの調整F/RのO/H
と触れ取り(フロントは特に)等々…
☆O/Hの作業内容は、あくまでもホンの一部です
全てを、ご紹介しきれないので貴方の愛車で、
是非とも、お試し下さい!
Suz Derosa_20
次回はお待たせの<アラベスク>の予定です!
スポンサーサイト
2010-12-17 : カスタム事例 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カウンター

プロフィール

hiphipshake

Author:hiphipshake
HIP HIP SHAKEオーナー。インダストリアルデザイナー、アパレルデザイナーを経て、ついに禁断の自転車趣味を仕事に…。前職の知識と経験を生かして、自転車の「ストリートクチュールカスタム」を提唱。リアルレーサー等、フレームの芯出しからパーツのオーバーホールやチューンナップ迄カッコよくて走れるヴィンテージバイクを多数制作中!

住所:東京都渋谷区神宮前3-36-26
電話:03-5410-5508
営業時間:13~19時
定休日:月曜(第2、3の土日は走行会・イベント等のため不定休)

PICT

FB4.jpg

passoni & casati_02

passoni_01

passoni & casati_04

specialized

olympic_01

MILAN


AOYAMA

定休日

LINK

写真 (24)

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。