FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

小さなカスタムが走りを変える★ブレーキシューカスタム

以前紹介した、未塗装のコルナゴ・アラベスクのオーナーさんが駆る、De Rosa Avant。

De Rosa Avant_01

このオーナーさん、相当のスポーツマン&趣味人なのです。今では健脚を生かし、このバイクで峠に足繁く通うシリアスライダーでもあります。彼曰く、「最近のヒルクライム仕様って、登りのコトしか考えてなくない?軽くすることばっかりで、下りを安全に楽しむことを考えたカスタムって見ないよねぇ」。

そうですね…。ならばこんなカスタムはいかがですか?ということでブレーキシューのチューニングです。

元々ついていたのはヴェローチェの純正ブレーキシュー。

Campagnolo Veloce Brake Shoe

ご覧の通り、ラバーブロックシューです。別にこれでも実用には問題ないのですが、峠ダウンヒルの時にはやはり、少しでもコントローラブルで剛性感のあるブレーキ性能が欲しいもの。そこでこのシューを、レコードのアルミ製ブレーキシューホルダー仕様に変更してみます。

とは言うものの、ご存じのようにカンパのスモールパーツはとーっても高価(T_T)今回のカスタムに使う、レコードのブレーキシューとボルト/ワッシャーセットだけで、廉価版のブレーキアーチが買えてしまう…。当然、オーナーさんの予算もオーバーしてしまいます。ならばということで、シューホルダーとボルトについてはケンタウルを使用することにしました。でもシューだけは、ショップ推奨のレコードをチョイス。ちょうど折よく、レコードのブレーキゴムが店舗在庫で出てきました◎

Campagnolo Record Brake Shoe

こんな感じです。ホイールがシャマル・ウルトラなせいもあり、シルバーのリムサイドとよく似合いますね!!

ついでに、ブレーキレバーも交換しちゃいました。そしてブレーキワイヤーも交換。モデル変更となった09以降の型では、形状による握りやすさだけでは無く、ワイヤー類の径が前期モノとは微妙に違うのです。

Campagnolo Record Brake Levers

いわゆる「ツノ付き」のエルゴです。前タイプより握りが小さめで楽なんですね、しかもこのツノがヒルクライムの時、絶妙に親指と人差し指の間に食いついてくれるので、軽い握りでもハンドルがブレない。しんどい時の大きなアドバンテージです。

気になるインプレですが、カスタム後に近所を試走してきたオーナーさんが一言。

「これはもう別の自転車みたいな乗り味だ!」

ブレーキシューだけでここまで変化するのです。まったく、自転車は奥の深い乗り物です…。
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

2010-07-19 : カスタム事例 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カウンター

プロフィール

hiphipshake

Author:hiphipshake
HIP HIP SHAKEオーナー。インダストリアルデザイナー、アパレルデザイナーを経て、ついに禁断の自転車趣味を仕事に…。前職の知識と経験を生かして、自転車の「ストリートクチュールカスタム」を提唱。リアルレーサー等、フレームの芯出しからパーツのオーバーホールやチューンナップ迄カッコよくて走れるヴィンテージバイクを多数制作中!

住所:東京都渋谷区神宮前3-36-26
電話:03-5410-5508
営業時間:13~19時
定休日:月曜(第2、3の土日は走行会・イベント等のため不定休)

PICT

FB4.jpg

passoni & casati_02

passoni_01

passoni & casati_04

specialized

olympic_01

MILAN


AOYAMA

定休日

LINK

写真 (24)

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。