スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

DETTO PIETRO のオーバーホールは、3丁目の夕日に輝く! の巻

桜は満開、シーズン幕開け!!!
愛車のメンテは、大丈夫ですか?

旧車とは云えバイクは、ちゃんと走ってナンボ!!!
でも、見た目も気になるな~!
最近はクロモリ・バイク・ファンも数を増し
ライバルも増え「皆、良いのに乗ってんな~」
ココは負けじと昔取った杵柄
そろそろ憧れのアノ車両に・・・でも
贅沢を言い出したらキリがないしな~
懐具合もある
自宅には、その台数も増え・・・
最近、ワイフの目線も痛い・・・
そんな貴方は、立派な趣味人
自転車マニア、永遠の悩みでもある

美しいクロモリ・ロード・レーサーに乗りたい!
憧れのマシンに・・・

知れば知る程~

解れば解る程~

更に詳しく

アレも・・・欲しい・・・

コレも・・・苦~!

迷いに迷い・・・

5Sか~?

6Sかっ?

インナーは41Tか?

Cレコの39T楽かも?

BCDは144、ン~

迷いに迷い・・・

今宵も眠れないどころか・・・

ボ~ン♪ボ~ン♪

え~???

午前2時・・・

ヤバイ、目が冴えてきた~

いわゆる、クロモリ・スパイラルである

スパイラルと言えばSLX…

…完全にアウトである

そんな?お客様のお手伝いをと、当店は考えています
所有される車両とは、即ち『己』です

当時イタリア国内には名車を生み出した工房が多く存在していました
有名工房だけでは無く、それ以外の個人や家族で営む工房も・・・
ですが少量生産ゆえに?
情報が少ないのも事実
ですがマニア様達が、数々の名車を持ち込みます
チーノや愛弟子のローザ、そしてマージ親子等々
その中でも本当に希少な一台
今回は、チーム・デッドピエトロ 珠玉のマシンO/H
ですが?
今回は『仕上げ』編!
detto p_25
皆様一緒に、ご覧下さい◎
detto p_03
なんとも綺麗なイタリアン・キャンディブルーにDP
detto p_04
肉抜きの、レバーにもパント・・・DP
detto p_05
勿論ピラー後部にもDP
detto p_06
ドアップも美しいの一言DP
detto p_07
ステム・サイドにも~DP
detto p_08
へッドチューブ・センターにもDP
Wレバーの肉抜き部分の内側には、敢えてブルーを
入れません!
オーバー・デコレートは、禁物ですから◎
detto p_09
チェーンリングのアウターにも・・・DP
detto p_10
まさかのBBの左ワン上部にもDP
detto p_11
ラグにまでDP、実に細かな作業であるDP
detto p_12
detto p_13
ほ~らね◎DP
detto p_14
何処を切ってもDETTO PIETRO状態

フレーム・ワークも超~綺麗!
ラグとチューブの段差も薄く、でもエッジはシャープ
ここがビルダー腕と技の見せ所です
detto p_15
パントだけでは無く胴巻きにもDP!!!
detto p_16
ケーブルもユニバーサルの当時物のチョイス!
ブルーのキャンディカラーでコーディネートです

この誇らしくも堂々とした刻印はまるで日本の伝統的な
家紋の様では、ないか?
detto p_03
detto p_01
カラーコーディネートはブルー系にて統一出来ました

コバルト・ブレーキのキャンディーブルーもこの車両には
図った様に、どハマりでしょう?
detto p_17
detto p_18
detto p_19
フロント及びリア単色のアンサンブル
は、とても綺麗ですね!
detto p_20
detto p_21
名車は、黙して語らず…
detto p_22
そして、もう1つ色のコダワリを見て欲しい!
木リムとブレーキ・シュー及びブレーキ・フードの茶系も色合わせ
しますとも・・・
木製のリムと相性の良いシント・シューはブラウン・カラー!
機能や性能、カラーコーディネートにももかなりの時間と神経を
使いカスタム&チューンを当店は施す!
ストリート・クチュールとは、伊達では無い事又作業効率だけ
ではココまで到達しない事も理解して欲しい
detto p_23
威風堂々の御姿DP!
detto p_24
今回のO/Hも難行苦行の末、無事に納車へとたどり着きましたが
いつもとは違い、あえて当店こだわりの『仕上り』の巻
といたしました!

旧車両を手に入れた、現オーナーの苦労を無駄にしないよう
知恵を絞る
その先にある見た目の美しさも重要!
所謂『仕上がり』迄が大事な仕事
先ず最初、頭の中で車両をどう仕上げるか?
これが決まらない事には話にならないのです
時間を掛けりゃ良いと云う事でもない
時代背景も在る
スムーズに走り
スムーズに止まる
この「当たり前」
が、大変なのである

あぁ~、また今宵も眠れない・・・


追伸

思えば、東京オリンピックから約半世紀

2度目のオリンピックは在るのか?

この街と伴に、その日を待ちわびて

今日は、ヤケに神宮前3丁目の夕日が眩しい・・・
スポンサーサイト
2013-03-26 : オーバーホール : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

カウンター

プロフィール

hiphipshake

Author:hiphipshake
HIP HIP SHAKEオーナー。インダストリアルデザイナー、アパレルデザイナーを経て、ついに禁断の自転車趣味を仕事に…。前職の知識と経験を生かして、自転車の「ストリートクチュールカスタム」を提唱。リアルレーサー等、フレームの芯出しからパーツのオーバーホールやチューンナップ迄カッコよくて走れるヴィンテージバイクを多数制作中!

住所:東京都渋谷区神宮前3-36-26
電話:03-5410-5508
営業時間:13~19時
定休日:月曜(第2、3の土日は走行会・イベント等のため不定休)

PICT

FB4.jpg

passoni & casati_02

passoni_01

passoni & casati_04

specialized

olympic_01

MILAN


AOYAMA

定休日

LINK

写真 (24)

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。