スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

番外編『あきらめないでっ』金冠フリーは問題児?                  軽さと引き換えのカンパニョーロ社の製作意図とは・・・

諦めきれない?当然です!
魅惑の金冠、ボス・フリーの大様・御存じカンパニョーロの至宝!
フルアルミニウム・ボスフリーの修理依頼です。
この金冠は6速、シリーズ最強の人気モデルですが依頼主のN氏に
よれば、フリーボディー自体が前後に空回りして使い物にならなく
現在は観賞用と化しているとの事
何とももったいない事です。
この画像はO/H後、金冠を無事に装着した図?
おきずきの方は相当の目利き、そうですエヴァレストレコード
ですカンパのレコード・ラージフランジ・リアハブに金冠君が
輝いております、ハイ◎
最近では滅多に見なくっなた土屋製作所の萩原氏による国産最高峰
の名車と、当店では認識しております。
Campa Free_01
さてさて本編に戻りますが…
でも、融通が利かない事でも有名?実は他の工具では外れない代物
金冠専用の工具が必要です但し工具は店内に在りますのでご安心を
ではオペを開始!先ずは、工具を使って金冠デンタルを外します。
Campa Free_02
アングルを変えてもっ、綺麗です。
Campa Free_03
こんな時にしか拝めないB面からの、セクシーショット
(店内在庫の画像です)
Campa Free_04
次に、フリーボディーとデンタルをバラしますがホイール
に装着したままで作業を進めます(仕事が楽です)
Campa Free_05
Campa Free_06
今度はフリーボディとラチェット部分を外します
Campa Free_07
出たぞ~、専用工具でも、なんて綺麗な造形美!
Campa Free_08
フリーホイール・ボディーを取ると、こんな感じです。
Campa Free_09
そのまたラチェットの中身がこんなに、なっているのです!
Campa Free_10
ん~段々解ってきたぞ~、フムフムなるほど…
Campa Free_11
更に、バラバラにして視ると金属片らしきモノががでてきて、
あっ、やはりスプリングの残骸だ!!!
でも、どうすりゃあ此処まで粉々になるのか?
Campa Free_13
んで、ラチェットの爪も外して…分かってきたぞぉ~◎
Campa Free_14
このスプリングの形状はかなり特殊、コイル状にはなって無いのだ!
Campa Free_15
此処までの作業で出てきた金属片?切粉状?の正体がっっ!
必ず、どの個所からか破損?した物ですから慎重に筆で掻き集めて
ピンセットで貼り合せてみます。
ジロジロとルーペを使い鑑識官みたいに慎重に、マスクして切粉が
飛ばない様に…
Campa Free_17
解らないのは何故カンパニョーロ社は此処までして計量化をしたのか?
ラチェットのコア等殆どのスモールパーツがアルミ二ウム、強度より
軽量化?来たるカセット時代を目ての事か今となっては、は謎である
数グラム差のコイル・スプリングにしても良かったのでは?時として
人知を超えた企画に圧倒されたり納得させられたりと、日本の物造り
には無い、イタリア人の発想力とデザインのチカラには今も尚、驚き
の連続である、まあ私の主観的な話はさておき…
Campa Free_18
よ~く分かりました◎但し、是と同じ特殊なスプリングが有ればね~!
この時点で、全ての部品の洗浄、グリスアップをしてスタンバイ。            
Campa Free_19
それをピンセットで摘みビニールの小袋に入れて、イツモノ
材料屋さんに行き何と同じ形状のスプリングをゲットしました。
Campa Free_20
これ程の銘品がこの程度のトラブルで寝むっているのかと思うと残念に思います!
Campa Free_21
究極の軽さを持ったこの金冠、カンパニョーロが創造したこのボス・フリー、
壊れたままではもったいない観賞用、ペーパーウエイト等になっていましたら
当店までお持ち下さい、お待ちしてます!

スポンサーサイト
2011-03-25 : 修理依頼 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

カウンター

プロフィール

hiphipshake

Author:hiphipshake
HIP HIP SHAKEオーナー。インダストリアルデザイナー、アパレルデザイナーを経て、ついに禁断の自転車趣味を仕事に…。前職の知識と経験を生かして、自転車の「ストリートクチュールカスタム」を提唱。リアルレーサー等、フレームの芯出しからパーツのオーバーホールやチューンナップ迄カッコよくて走れるヴィンテージバイクを多数制作中!

住所:東京都渋谷区神宮前3-36-26
電話:03-5410-5508
営業時間:13~19時
定休日:月曜(第2、3の土日は走行会・イベント等のため不定休)

PICT

FB4.jpg

passoni & casati_02

passoni_01

passoni & casati_04

specialized

olympic_01

MILAN


AOYAMA

定休日

LINK

写真 (24)

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。