スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ワインと自転車の幸福な関係

自転車とワインの関係と言っても、別に飲酒運転を推奨するわけ
ではありません…。

当店の看板娘、ピトンちゃんの写真ですが、ん?なんか違う…??
Bottle Cage with Wine Bottle_01

クローズアップです。
そうですボトルケージにワインボトル?と、お思いでしょう?
何故?が今回のお題なのです。

ボトルケージ(レギュラー)のパイはどーして「φ74」なのか
普段はは気にもしないのですが、ボジョレーの季節になると
当店では、呪文の様に言い伝えられている話です。
が、今回は当ブログ・ファンの皆様だけに教えちゃいます。

ボトルケージの規格はヨーロッパ方面で、その昔ワインボトルから
自然発生的に広まった規格サイズが74パイとも言われています。
正確な起源は定かではありませんが、何とも素敵な使い方ですよね~◎

去年のボジョレーの時期、とある商社がコストを抑える為に造ったワインの
ペットボトルが誕生!ある意味、理想のボトルです、何故ならば…
コルク栓では走行中、水分の内圧で空気の膨張により栓が抜けて
しまうからです。

Bottle Cage with Wine Bottle_02


これは使うしかないでしょう、最後にもうヒトツ!!
(ウェルチのグレープは避けた方が無難です)

♪パンパカパーン♪ 相当に古っ!

では、今週のハイライトです

秘儀公開、フォークの下につっ込んで在るのはコルクキャップ、
勿論イタリヤ産!
当店では以前から、防水対策として提案し続けている
『コルク仕様』です。
(実はこれ、当時のビルダー達の裏ワザなのですよ)

オーバーホール時等に、ご自分のお気に入りの銘柄のコルクを
お持ち戴けば、取付しますので、お気軽にお申し付け下さいね☆

まだまだ沢山の秘儀・裏技をお楽しみに…

Cork Plunger with Fork

時には、肩の力を抜いたクロモリならではのお洒落も楽しいのではないで
しょうか?
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

2010-11-28 : カスタム事例 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

カウンター

プロフィール

hiphipshake

Author:hiphipshake
HIP HIP SHAKEオーナー。インダストリアルデザイナー、アパレルデザイナーを経て、ついに禁断の自転車趣味を仕事に…。前職の知識と経験を生かして、自転車の「ストリートクチュールカスタム」を提唱。リアルレーサー等、フレームの芯出しからパーツのオーバーホールやチューンナップ迄カッコよくて走れるヴィンテージバイクを多数制作中!

住所:東京都渋谷区神宮前3-36-26
電話:03-5410-5508
営業時間:13~19時
定休日:月曜(第2、3の土日は走行会・イベント等のため不定休)

PICT

FB4.jpg

passoni & casati_02

passoni_01

passoni & casati_04

specialized

olympic_01

MILAN


AOYAMA

定休日

LINK

写真 (24)

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。