スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

流星号は、上を向いて待ってるぜ!~SGRペダルのオーバーホール~

皆様、ご機嫌如何でしょうか?
残暑お見舞い申し上げます!!!

さて、当店も先週末より営業再開!秋に向けてのレースやイベント用に、お客さまの車両をオーバーホールやらチュー二ング等々、いきなり忙しくお仕事しています。

ところでこのペダル、マニアの中では人気?のペダルなんです。カンパニョーロのSDGペダルといいます。

誰もが一度は思います、右足をカッコ良くパチン!!と決めて走り去る様を…。
でも、そんな時に限ってアレッ…アレレ?

焦れば焦るほどトホホ…な事に。そんな時ふと人は思うのです。常に上向いててくれたらなぁ?
実はビギナーさんやプロ選手達も考える事は同じでしたが、カンパニョーロ社は <ソレ>を何と作っていたのです!!!

ユーザーの夢のペダルをっ…。

なんと<こ奴>常に上を向いたまま待っていてくれる優れ者なのです。
んなペダルは、ねーだろーって?いいえ…ちゃんとあるんです。いや、当時あったのですョ!!!

Campagnolo SDG pedal_02


しかも、このフォルムどこから見てもプルップルの流星号…。いや失礼、流線形!美しいです。

当時、僕らはこのペダルをそう呼んでいたのです、でも時は過ぎ<夢の流星号>にも批判が寄せられようとは…。
思えば何と人間は身勝手なのだろう…。君の事を重いとかゴツイとか…。

でもそこは十人十色?クロモリマニア達は君を忘れない…。
それどころか、こうしてオーバーホールの依頼が在るではないか?SGR流星号よ、永久になのである。

Campagnolo SDG pedal_03


シューズを踏み込むとペダル後方にある突起(下の画像にある、黒い突起がそれです)が押し込まれ、スピンドルを固定していたラチェットがフリーになって回るようになるのです。ちなみにこれは前期型。後期型になると突起の素材も変わります。分解してみるとわかりますが、後期型の方がメカニズムが簡略化されています。

先ほど「上を向いて待っている」と書きましたが、ラチェットが効いた状態でもペダルはゴリゴリ言いながら回ります。なので、近所のチョイ乗りと称してクリートシューズを履かずに乗られるような剛毅の者もいらっしゃいますが、それはそれで写真の様にクリートをはめて踏む分には大丈夫!

今回はユーズドのモノでして、最初からラチェットが甘い状態でした。でもご心配無く!中を覗いて一安心…。
スーパージェッターは乗っていませんが、直せます。ちゃんとねっ!うちのお店が在る限り直せる物はキッチリ直るんです。

そして何事も無かった様に、きちんと上を向いて待っていてくれます。今回は、そんなSDGペダルのリペアです。


撮影用にあえてクリートを付けていましたが、まずはそれをはずしてペダルのみの状態に…。

Campagnolo SDG pedal_04


此処からは全ての状態を視るためにバラします。
個体の表面にはかなりの汚れが見えますよね、奥まった所には更にの砂埃が…
ディグリーザーで頑固な汚れと古くなったグリスを除去、この際に過去のOHの回数やどんなグリスを使っているか
?どんな環境で仕様されたのかプロファイルも同時に進めます。

この作業とオーバーホールの回数で、その店の技術が解るのです!!!
でもこれが、とても楽しい時間でも在り自信にも繋がります。


Campagnolo SDG pedal_05


カバーをはずし、樹脂製カバーの下にあるラチェット機構をオーバーホールします。

Campagnolo SDG pedal_06


Campagnolo SDG pedal_07


再度カンパグリスでグリスアップして、カバーを戻して無事修理完了。

当店では修理はできますが、パーツは使い方ひとつ!せっかくゲットしたのなら諦めないでっ!
当店は持ち込み歓迎ですからご安心を!

そして常にオールドパーツは大切にしましょうね!自転車とはパーツの集合体です、どれか一つでも機能しなければそれは故障なのです!

車検が無いからこそ自己責任で、定期的にプロの診断を受けましょうね。

特にビンテージのクロモリバイクは、ガンガン走れる様に手を入れているからこそ美しいのです!

古いバイク=イコール=コンナモンデショーの根絶運動中 (笑)
スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

2010-08-25 : オーバーホール : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

カウンター

プロフィール

hiphipshake

Author:hiphipshake
HIP HIP SHAKEオーナー。インダストリアルデザイナー、アパレルデザイナーを経て、ついに禁断の自転車趣味を仕事に…。前職の知識と経験を生かして、自転車の「ストリートクチュールカスタム」を提唱。リアルレーサー等、フレームの芯出しからパーツのオーバーホールやチューンナップ迄カッコよくて走れるヴィンテージバイクを多数制作中!

住所:東京都渋谷区神宮前3-36-26
電話:03-5410-5508
営業時間:13~19時
定休日:月曜(第2、3の土日は走行会・イベント等のため不定休)

PICT

FB4.jpg

passoni & casati_02

passoni_01

passoni & casati_04

specialized

olympic_01

MILAN


AOYAMA

定休日

LINK

写真 (24)

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。