スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

「オレンジ号」オーバーホール&8速化

以前登場したあの美しすぎるTommasiniのオーナーであるK氏。美しすぎるゆえの盗難やイタズラが怖くて、仕事で乗って行くとおちおち打ち合わせもできない、とこぼしておりました。そこで、彼が所有するもう一台をオーバーホールすることに。ならどうせOHするならついでにダブルレバーをエルゴに、さらに調子に乗って8速仕様にしちゃおうという計画です。

Psudo Colnago01

彼の「オレンジ号」、コルナゴのデカールがまぶしいのですが、ご覧のとおりコルナゴではありませぬ。彼が購入した時点でこのような仕様だったらしく、実車を見るとシートステーの形状やワイヤー小物はジャンニ・モッタらしくもありますが、詳細は不明です…。

ま、この辺は深く考えずに作業内容の説明をば(笑)

元々のドライブトレインは初代コーラスの6速でした。初代のコーラスは横型ディレイラーを採用しているので、RDを変えることなく、このまま8速化してみます。できるのか?できるのです…。

Campagnolo Chorus 1st Gen RD

しかもボスフリーは14T-24Tというワイドレシオのレジナ8速、さらに稀少な18Tギアまで備えたモデルをえいやっと奢っちゃうことにします。

しかしフリーのトップが14Tであること、またギア板が単純に増えることから、2つの問題が予想されます。ひとつはトップギアがチェーンステーに干渉すること、そしてリアホイールセンターがずれることです。
それぞれの問題に対処すべく、まずはドライブ側に8mm程度のオフセットを想定して新しくホイールを組んでいきます。が、そのままではドライブ側のスポークが地面に対してほぼ垂直になってしまうじゃないですか!!

その昔、7速とか8速とか、ボスフリーとかカセットスプロケットとかが混在していた時代がありましたねぇ。その頃は、よくこんな依頼があった記憶がありますが、今となってはもはや…。頭の中の切れかかった記憶の糸をたぐり寄せます。そうだ、薄いタイプのベアリング玉押しがなかったっけ?いやあれはカンパの製品じゃなかったよな…。

思い悩んだ末、ハブシャフトをCレコについている長いモノに交換することにします。さらに、微調整用としてカンパがリリースしている、のどチンコ舌つきのワッシャーがあったことを思い出し、在庫の中から探し出しました。これで、ちゃんとオチョコに組めます。

Campagnolo Hub Spacer
右側の黒いワッシャーです。左のヘッドワッシャーは比較用。

この後、現物合わせの調整に結構時間がかかったものの、無事に8速フリーをインストールできました◎トップギアとチェーンステーのクリアランスが、さりげなく自慢です(笑)

Regina Boss Free 14-24

Regina Boss Free 14-24 8s
チェーンは当然、レジナのCXSです。気持ちいいシフトフィールのためにはこれじゃないと。

Mavic Reflex rim
リムは今モノのMavic Reflexチューブラーリム。クラシックなルックスで、丈夫で、軽くて、安い。いい商品です。スポークはリムの剛性を考えてDTをチョイス。ちなみに最近手組みホイールの依頼が多いので、この日は閉店後に振れ取り台そのものの調整も行いました。大工さんがカンナの刃を調整するのと一緒ですね◎


今度はハンドル側です。エルゴにすると俄然ダンシングがしやすくなるのですが、通常のドロップハンドルだとエンド部分がひざに当たって、しばしば痛い思いをします。それだけならいいのですが、疲れている時にこれをやると、ハンドルを取られて転倒することも。なので、2cmほどエンド部分をカットしました。ちょっと前のリアルレーサーっぽいです。

Psudo Colnago02
Psudeo Colnago03

これで、無事に8速化完了です!!

Psudo Colnago04


気になる完成車画像は、後でこのバイクについているSDGペダルのOH記事をUPしますので、その時に。


スポンサーサイト

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

2010-06-26 : オーバーホール : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

カウンター

プロフィール

hiphipshake

Author:hiphipshake
HIP HIP SHAKEオーナー。インダストリアルデザイナー、アパレルデザイナーを経て、ついに禁断の自転車趣味を仕事に…。前職の知識と経験を生かして、自転車の「ストリートクチュールカスタム」を提唱。リアルレーサー等、フレームの芯出しからパーツのオーバーホールやチューンナップ迄カッコよくて走れるヴィンテージバイクを多数制作中!

住所:東京都渋谷区神宮前3-36-26
電話:03-5410-5508
営業時間:13~19時
定休日:月曜(第2、3の土日は走行会・イベント等のため不定休)

PICT

FB4.jpg

passoni & casati_02

passoni_01

passoni & casati_04

specialized

olympic_01

MILAN


AOYAMA

定休日

LINK

写真 (24)

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。