スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

日本の夏・クロモリの夏 待ちに待った夏休み!特別付録お楽しみ下さい…

立秋を過ぎたと言うのに猛暑が続いてます、夏休み特別企画・コルナゴ新社屋探訪記をお届けします。
噂の、<育つブログ>をたっぷり、お楽しみ下さい!!

ミラノから国営の列車に乗り、走り屋 憧れの地モンツァで下車、タクシーを飛ばしてコルナゴ氏の待つ本社へっ!!
何と、社屋の向かいにクローバーの門扉がっ・・・
そこには、一族が住む眩いばかりの豪邸がありました!

Colnago Factory visit_01
Colnago Factory visit_02
いよいよ、本丸へと・・・そこには栄光の軌跡、数々の感動が!!!

Colnago Factory visit_03
Colnago Factory visit_04
Colnago Factory visit_05

云わずと知れたフェラーリとのダブルネーム!懐かしい感もあります。

Colnago Factory visit_06

これも、強烈なインパクトが思い出されます。

Colnago Factory visit_07

そう言えば街中にクロスバイクが巷に、溢れたのもこの頃の様な気がします・・・

Colnago Factory visit_08
Colnago Factory visit_09
憧れの、コルサレコードのゴールド・クランク!!

Colnago Factory visit_11

エントランスの大理石フロア、ここにもクローバーマークが・・・


Colnago Factory visit_12

彼はエルネスト氏の弟さん、持ち込んだデジタルカメラでクロモリフレームの画像を見るや否や「君の体型なら
あと1センチ、シートチューブが短くなければ適正サイズではないねっ」と一言!
その間わずか数秒・・・流石!その非凡さを垣間見た瞬間でもあった。


Colnago Factory visit_13

Colnago Factory visit_14

エントランスの奥に有る、ストックヤード方面に至る様子です


Colnago Factory visit_15

利便性を兼ね備えた、ストックヤードです。
何故か彼らの手に掛かると、とてもアートに見えるのは気のせい?

Colnago Factory visit_16
Colnago Factory visit_17


次はいよいよ心臓部でもある、ファクトリー内部へと・・・
ここでの作業内容の撮影は当然ながらNG!。
なんとかOKが出ましたが壁面のみ、そこには信じられない数のチャンピオンジャージがずらり!!!


Colnago Factory visit_18
Colnago Factory visit_19
Colnago Factory visit_20
Colnago Factory visit_21
Colnago Factory visit_22
Colnago Factory visit_23
Colnago Factory visit_24
Colnago Factory visit_25
Colnago Factory visit_26
Colnago Factory visit_27

エルネストが常々云っている<アノ>言葉を思い出さずにはいられなかった。


Colnago Factory visit_28
Colnago Factory visit_29
Colnago Factory visit_30
Colnago Factory visit_31
Colnago Factory visit_32
Colnago Factory visit_33

フェラーリの創設者 エンッオ・フェラーリ氏との一枚、言葉などは最早無用なのでである。


Colnago Factory visit_34
Colnago Factory visit_35
Colnago Factory visit_36

さて、ここからはコルナゴ・ミュージアムです。
マニア垂涎の数々・・・ご堪能下さいね!

Colnago Factory visit_37
Colnago Factory visit_38
Colnago Factory visit_39
Colnago Factory visit_40
Colnago Factory visit_41
Colnago Factory visit_42
Colnago Factory visit_43
Colnago Factory visit_44
Colnago Factory visit_45
Colnago Factory visit_46
Colnago Factory visit_47

クロモリの名車の数もさる事ながら、数々の選手たちの実車がズラリ!!!圧巻です。


Colnago Factory visit_48
Colnago Factory visit_49
Colnago Factory visit_50
Colnago Factory visit_51
Colnago Factory visit_52
Colnago Factory visit_53
Colnago Factory visit_54
Colnago Factory visit_55
Colnago Factory visit_56
Colnago Factory visit_57
当時のスーパーレコードの、軽量化の手段としては<肉抜き>がメインですが、例えばクランクアームやチェーンリングのドリルド等は、よく見ますが此処まで繰るとは・・・
まいった!!としか言いようがアリマセヌ。
どの車両をとってみても全てと云っても過言ではない程、細部迄<勝つ為>チューンのオンパレード?古いのかっ!


Colnago Factory visit_58
Colnago Factory visit_59
Colnago Factory visit_60
Colnago Factory visit_61
Colnago Factory visit_62
Colnago Factory visit_63
Colnago Factory visit_64
Colnago Factory visit_65
赤いシャツの彼は、アレックス氏 そうエルネストの弟さんの息子なのです。
我々の質問にも、一つ一つとても親切に詳しく答えてくれました。


Colnago Factory visit_66
Colnago Factory visit_67
Colnago Factory visit_68
Colnago Factory visit_69
Colnago Factory visit_70
Colnago Factory visit_71
Colnago Factory visit_72
Colnago Factory visit_73
Colnago Factory visit_74
Colnago Factory visit_75
Colnago Factory visit_76
Colnago Factory visit_77
Colnago Factory visit_78
Colnago Factory visit_79
Colnago Factory visit_80
Colnago Factory visit_81
Colnago Factory visit_82

社屋探訪も終盤、エルネスト氏から「私の部屋で記念撮影でも?」と吃驚仰天の一言!!
神の御言葉に甘えてパチリ・・・

Colnago Factory visit_83
Colnago Factory visit_84
Colnago Factory visit_85
Colnago Factory visit_86

ジロ・デ・イタリーの開催中の忙しい中、本当に感謝!
最後に邸宅と社屋を見上げつつ帰る間際、アレックス氏が「駅まで送るよ」と・・・
もう涙、駅に着いて気がつくと彼は人数分の切符を手に、最後まで見送ってくれたのでした!
予めアポを捕っていたとはいえ、手厚い持成しに心打たれてしまいました。
超一流を堪能出来ました!
コルナゴ・ファミリー、本当に有難う御座いました!!!

Colnago Factory visit_87

スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

2010-08-07 : イタリア訪問記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

グルッポ社へ表敬訪問!!

今週はとにかくお店が忙しかった…。ひそかに週1回のブログエントリをノルマにしている私ですが、作業をこなすのに精いっぱいで、作業中の写真撮影まで手が回りませんでした。

なので、今回はイタリアの自転車聖地巡礼を振り返ります…。

昨年、イタリア自転車工房めぐりをしてきたのですが、その中でも最大の工房(もはや会社ですが)がグルッポ社。ご存じ、チネリコロンバスというスーパーブランドを傘下に持つ会社であります。そういやPaduanoも一時期、グルッポ傘下に入ってましたよね。

そのグルッポ社の総帥がアントニオ・コロンボ氏。彼は自ら、「1年のうち1/3はニューヨーク近代美術館にいるよ」というほどのアートマニアでもあり、自分の美術館を所有するほど。数年前に東京の展示会で知り合ってから、手紙をくれたりプレゼントを贈ってくれたりと何かと仲良くしてくれるコロンボ氏を表敬訪問してきました。

会社の中については私がゴタゴタ書くよりも写真の方が説得力がありそうなので、以下に写真をズラズラと◎

At Gruppo spa_01

At Gruppo spa_09

At Gruppo spa_02

At Gruppo spa_10

At Gruppo spa_03

At Gruppo spa_08

At Gruppo spa_04

At Gruppo spa_05

At Gruppo spa_06

At Gruppo spa_07

At Gruppo spa_11

At Gruppo spa_12

At Gruppo spa_13

At Gruppo spa_14

At Gruppo spa_15

そして会社見学の最後に、プレゼント好きのコロンボ氏からこんなサプライズをいただきましたっっ!!

Cinelli jerseys autoghraphed by Antonio Colombo
(クリックすると拡大画像になります)

…たくさんのサイン入りサイクルジャージです(感涙)
中でもコレは手が込んでます↓↓↓

Cinelli T-shirt autographed by Antonio Colombo_01

コロンボ氏とRVCAのコラボTシャツ。ドデカい彼の全身プリントがインパクト大です。さらに、思いっきりイタリア~ンな英文(笑)

さらにクローズアップすると…。

Cinelli T-shirt autographed by Antonio Colombo_02

見にくいですが、裏返すと白地に白文字でプリントが!イタリア~ンな英文againです(笑)

ちょうどこれからTシャツとサイクルジャージの季節なのに、どれもこれももったいなくて着られない…。サインなしのバージョンもおねだりしとけばよかったなあ…

テーマ : 自転車
ジャンル : 趣味・実用

2010-07-09 : イタリア訪問記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カウンター

プロフィール

hiphipshake

Author:hiphipshake
HIP HIP SHAKEオーナー。インダストリアルデザイナー、アパレルデザイナーを経て、ついに禁断の自転車趣味を仕事に…。前職の知識と経験を生かして、自転車の「ストリートクチュールカスタム」を提唱。リアルレーサー等、フレームの芯出しからパーツのオーバーホールやチューンナップ迄カッコよくて走れるヴィンテージバイクを多数制作中!

住所:東京都渋谷区神宮前3-36-26
電話:03-5410-5508
営業時間:13~19時
定休日:月曜(第2、3の土日は走行会・イベント等のため不定休)

PICT

FB4.jpg

passoni & casati_02

passoni_01

passoni & casati_04

specialized

olympic_01

MILAN


AOYAMA

定休日

LINK

写真 (24)

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。